落第賢者の学院無双を読んでみた。

漫画
この記事は漫画。【落第賢者の学院無双】について書いた記事です。極力ネタバレは避けますが少しでもネタバレが嫌だという方はブラウザーバックをお願いします。
引用画像・落第賢者の学院無双より。

ハッピー君。異世界物転生物に飽きる。の巻。

飽きた。ボクはこの世に蔓延る異世界物に飽きてきた!誰か面白い異世界転生物を紹介しておくれ!

はい。じゃ漫画の世界にさよならだ。ハッピー君は異世界からの無事帰還だ。これからは現実の世界の仕事を頑張ろう!

なんでそうなるんだよ!?ボクは面白い漫画探しに旅に出るんだ。世は夏休み。遊び放題なのだ!

介護士に夏休みなんてねぇよ。遊びなんてねぇのよ。夏の現場は特に脱水や熱中症で危険なんだから気合を入れないといけないんだよ。

はぁ。これだから仕事中毒のアル中ピエロは。ボクに対して面白い異世界物を紹介しようという気にならないのかい?

ていうか涼みながらダラダラしないと仕事のやる気なんて起こらないよ。

…しょうがいないな。今日は僕がお勧めする異世界賢者の漫画を紹介しよう。これ読んだら仕事するんだよ。

落第賢者の学院無双の概要

世では四皇と呼ばれた凄い賢者だったエフタルだが実は魔術の才能もない落ちこぼれだった。失意の中でタヒったエフタルだがタヒ後に再び転生するチャンスを得ることになる。転生の際に「チート能力もいらない。魔術を再度学べる時間があれば大丈夫だ」とあえてチート能力を辞退して今度こそ最強になるために生きなおすことになる。

ピエロのエキサイト翻訳。

チート能力をあえて辞退するのがカッコいいのよね。

落第賢者の学院無双
created by Rinker

異世界賢者物によくある設定

この手の異世界賢者ものによくある設定は現代の知識をファンタジーの異世界に生かしてお金持ちになったり。なんか凄い魔力を使える人が賢者と言われたりする話が主流です。

さらに主人公が異世界で無双する為に

あえて世界のレベルを下げる。という設定を設けたりしています。

前の世界では当たり前に使ってた技術や魔術が世界の衰退の影響で、とんでもない代物になっているという世界設定です。

この世界設定は本当に良く出来てると思うよ。

まぁあれだね。同じ業種なのにキツイ仕事をしていた人が楽な仕事に左遷されるみたいなやつ。

なろう系物語の成否は。いかにテンプレ設定を丁寧に描けるかにある。

なろう系の物語は基本的に物語の設定は大体同じです。

現世で不幸な目にあった主人公が転生してファンタジーの世界で無双して幸せになる。

現世では大したことのなかったが転生した世界では性格やスキルが超・重要視されて特別扱いされる。

基本的に同じようなストーリー展開と言えます。

だからこそ丁寧に設定を描写できるかがその異世界転生物がヒットするかの分かれ目だと思います。

どれを読んでも同じような世界感だからボクは飽きちゃったんだよ!

仕方がないよハッピー君。このテンプレートが売れる為の今の時代のストーリーの黄金比なんだよ。この法則を無視して何かを創るのは自○行為なんだよ。

だからこそ。あえて設定を丁寧描写する語彙力や綺麗な絵で演出する作家の実力が問われるんだよ。

才能無しなのに最強を目指す泥臭さがあるのが面白い。

設定やストーリーは似たり寄ったりなのでキャラクターの人間味がなろう系の物語の分かれ目と言えると思います。

この物語の主人公エフタルは。前世で才能が無くて悔しい思いをしていたのにも関わらず老境になっても薬草学の勉強をしたり村人に魔術を教えたりと努力を怠っていませんでした。

そしてタヒの間際に自身に才能が無いと現実を突きつけられてタヒ亡しても今度は才能が無くても魔術を学んで最強になってやる。という向上心を見せます。

このような才能が無くても、チートに頼らなくても努力で頑張る姿勢は大同小異のストーリーであっても応援したくなる要素があります。

やっぱりさ。努力している人間は応援したくなるのよね。

そこはスポーツとかと同じ心理よね

まとめ

①落第賢者の学院無双は主人公が才能がなくても頑張る姿に感情移入できる作品。
②なろう系の転生物は同じような設定が多い。いかに丁寧に描けるかが面白さに繋がる。
落第賢者の学院無双
created by Rinker

というわけで今日は【落第賢者の学院無双】について語ってみたよ。

へー。ありふれた転生物でもそういうとこに着目すれば面白いのか。

何事もだけどさ視点を変えて多角的に物事を見るのは大事なことだよ。

というわけで漫画も紹介したし仕事を再開しよう。

やだね。ボクは今から紹介された漫画を読むんだ。仕事なんてやってられないよ。

だー!漫画を紹介したらこれだよ!僕も転生して!現実から異世界転生してぇ!

おしまい

フリートーク

夏休みなんで漫画紹介をメインにしていくよ。

夏休みは学生の特権みたいなとこがあるので学生さんに配慮して漫画中心の記事を書いていくのね。

紹介したい漫画も本も増えてきたからね。

断酒をしてからは多くの漫画を読んだんでしょ?

正直、漫画より映画の方が数が多いけどね。3倍速でアマゾンプライムの映画を片っ端から観てる。

字幕を読むからある意味読書のカテゴリーとも言える。

しかし夏は暑いわよね。とにかく暑くてハッピーじゃないけどやる気が起きないわ。

やる気が起きるから動くのではなく。動くからやる気がでるのだ。と誰かが言ってた気がする。

お国も昼間の炎天下では動かないように放送するくらいだから動くの危険じゃないの?

賢い者のすることじゃないね。

賢者の記事だけに――

賢い者とかけてみました。みんなが少しでも涼しくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました